マスオ「僕が会社クビに…」

07440c5d59bc70bf46fe3458151cd3d3_240

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/14(日) 19:44:32.99 ID:zmF9U1dAVOTE.net

タラオ「パパー、何でお家にいるですか?」

マスオ「…」

タラオ「会社行かなくていいですか?」

マスオ「…」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/14(日) 19:48:24.23 ID:zmF9U1dAVOTE.net

サザエ「タラちゃん!あっちでカツオお兄ちゃんと遊んでらっしゃい」

タラオ「ええー、カツオお兄ちゃん野球に行くって…」

サザエ「いいから!あっちに行ってなさい!!」

タラオ「…はいです」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/14(日) 19:51:59.66 ID:zmF9U1dAVOTE.net

サザエ「…あなた」

マスオ「…すまないねサザエ。僕が不甲斐ないばっかりに…」

サザエ「あなた…」

サザエ「大丈夫よ。お金なら当面は心配ないし」

サザエ「あなたはずっと真面目に働いてきたんだもの」

サザエ「少し休んで、また仕事を探せばいいわ」





続きは次のページで


続きを読む

野原ひろし「これ利息分のお金です…」ウシジマ「毎度」

13396766960001
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/26(木) 20:46:35.89 ID:hOeg0v240.net

ひろしくん編

ひろし(仕事も終わったし帰るか…)

川口「係長!どうです?今から一緒に飲みに行きません?」

ひろし「あっ…ああ……でも今日はやめとくわ…」

川口「またですか…?最近野原係長付き合い悪いですよ」

ひろし「悪い…!どうしても外せない用事があるんだ」

スッ

マサル「野原さん、お金!」

ひろし「うっ…マサルさん……ははは…分かってますよぉ~今出しますから」

川口「係長…この子一体誰なんですか?」

ひろし「か、川口!お前はもう先に帰っててくれ!頼む!!」

川口(帰ってくれてここまで必死に頼むなんて…変な係長だな)


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/26(木) 20:47:56.69 ID:u18Bn82A0.net

既に胸が痛いんだが

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/26(木) 20:51:09.93 ID:PxVfe31e0.net

やめて

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/26(木) 20:53:04.41 ID:hOeg0v240.net

マサル「おい、200円足りねぇぞ!」

ひろし「200円ぐらい勘弁してもらえませんか…昨日から何も食べてなくて…」

マサル「あ」

ウシジマ「マサル、どうしたの?」

ひろし「たっ…田嶋さん…」

マサル「野原の野郎が利息分200円見逃してくれって言ってきたんスよ!」

ひろし「お願いします!昨日から飲まず食わずでこれで全財産なんです!!」

ウシジマ「(ジッ」

ひろし(くう~~頼む…!!見逃してくれ!)

ウシジマ「利息分はキッチリ払ってよ野原さん」

ひろし「でも200円なんてもうありません…」

ウシジマ「自動販売機の下とか通行人に物乞いでもしろよ。車で待ってるからな。」

マサル「ヒュー、社長鬼ッスねぇ~」

ひろし「……」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/26(木) 21:01:11.55 ID:EiuCtTf90.net

ああああああ

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/26(木) 21:03:26.12 ID:ho2qupKE0.net

やめて




続きは次のページで


続きを読む

コナンドイル「小遣い稼ぎにキモオタ向けのラノベでも書くか」

images
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:02:33.474 ID:szUJlnV70.net
コナンドイル「苦労して書いた歴史小説がちっとも売れへん・・・」

ドイル「なんでや・・・壮大な世界観に重厚な人間描写、時代考証も完璧やのに・・・英国文学史に残る傑作やんけ・・・」

ドイル「あかん・・・金がない・・・どないしよ」

ドイル「しゃーない、とりあえず、もっと大衆的で金になるもん書くか・・・」

ドイル「売れる小説ゆーたら、そらキモオタ向けのラノベやろな。ほんまはそんなもん書くのはワイのプライドが許さんのやが・・・」

ドイル「クールイケメン天才の完璧超人を主人公にして俺TUEEEEやらしてっと・・・」

ドイル「主人公の引き立て役に間抜けな刑事と、お人よしの友人キャラを配置してマンセーマンセーっと・・・」

ドイル「・・・さすがにやりすぎやろか・・・書いてて死にたくなったで・・・」

ドイル「まあええか。アホな中学生くらいにはこんなもんでちょうどええやろ。」

ドイル「主人公の名前は・・・シャーロックホームズな。小遣い稼ぎになったら儲けもんや。」


読者「ホームズかっけー!すげー!超おもしれーーー!!!」

出版社「コナンドイル先生!もっと続き書いてください!」

ドイル「なんやと・・・」
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:06:40.038 ID:szUJlnV70.net
ドイル「中坊向けに書いたラノベでおっさんどもがよろこんどるで・・・ほんま大衆はアホやな・・・」

出版社「先生、うちの雑誌にホームズの小説書いてくれませんか?」

ドイル(マジか・・・いつもは出版社に土下座して原稿買ってもらっとるのに、向こうからお願いなんて初めてやで・・・)

出版社「うちのストランドマガジンで短編連載を6話くらいどうでしょうか。原稿料は35ポンドで。」
>>3��ポンドは現在の価値でおよそ80万円

ドイル「短編6話で35ポンドね・・・」

ドイル(足下見すぎちゃうか・・・相場なら100ポンドくらいやろ・・・けど所詮ラノベやしなあ)

出版社「いえ、1話につき35ポンドです。」

ドイル「ファッ!?」

出版社「ではそういうことで、傑作をお待ちしております!」

ドイル「ワイの傑作はもう何度も送っとるのに毎回没にしとったやんけ・・・せやのにあんな落書きが35ポンドか・・・」
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:09:46.591 ID:QktcIg070.net
ホームズって当時から大人気だったん?
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:09:57.988 ID:PGp9wqJ/0.net
クリエイターが全力出せば出すほど読者が引くようなものになりがちなのはコイツに限った話じゃない
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:17:32.779 ID:ni33a1B10.net
>>6
まあよくあることだな
漫画もラノベもそういう話聞く


続きは次のページで
続きを読む

運営情報

【運営】
運営 株式会社メリスパ
住所 墨田区太平4-1-1
TEL 080-5864-5830

スポンサードリンク

最新記事

アクセスカウンター

ブログパーツ ブログパーツ