【母の愛】妊婦中、医者から障害児だからと中絶を勧められるが、子供を生んだ母親が医者に送った手紙に涙が止まらない


スポンサードリンク
1: まとめ情報局管理人
a0366206170be75282deb67de1b1648d

障害児を生んだ母親の愛
キャット・アバニアクは、娘のエマーシンが手紙をポストに放り込むのを見ていました。

その手紙はキャットが、数年前に妊娠中だったときに彼女を診察した医師に宛てたものです。

もしキャットがその医師のアドバイスに従っていたら、娘はこの世に誕生していませんでした。

医師はキャットの子どもがダウン症候群だと診断すると、彼女に中絶するよう勧めたのです。エマーシンの母親は、この医師にどうしても伝えたい事がありました。



続きは:次のページで♪
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
楽しくて読み放題♪
スポンサードリンク

コメント