【動画】命の恩人のために毎年8,000キロを泳いで帰って来てくれるペンギンさん


スポンサードリンク
1: FBまとめ情報局管理人
1

リオデジャネイロ沖の小さな島での心温まる物語
毎年8000キロもの距離を泳いで島に来る1羽のペンギンの物語が感動的だと話題になったいます。

パートで漁師をやっている71歳の”ジョアン・ペレイラ・デ・ソウザ”さんは2011年に、島のビーチで油まみれで瀕死のペンギンを発見しました。
そのペンギンを助けた”ジョアン”さんは献身的に看病の甲斐あり、すっかり元気になったペンギンを海に還そうとしますが、ペンギンは戻ってきてしまいます。
仕方なく、ジョアンさんは、そのペンギンを”ジンジン”と名付け、一緒に暮らすことにしました。

そこから二人の奇妙な生活が始まります


続きは:次のページで♪
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
楽しくて読み放題♪
スポンサードリンク

コメント