ジミー大西の初恋の話が切なくて泣ける


スポンサードリンク
bdd73c9f
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:25:55.655 ID:xbRjYCbO0.net
http://members.jcom.home.ne.jp/matumoto-t/utigawajihei519.html

今、僕は三十二歳です。彼女はいません。でも、その三十二年間に恋はしました。
初恋も。
小学校三年の時でした。
小学校の二年生まで、僕は友達にも父母にも、まったく口をきかない少年でした。
話が、できない少年でした。そんな僕が、話をできる相手が一人だけいました。
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:26:24.717 ID:xbRjYCbO0.net
その女の子がしゃべりかけてくると、その時だけは、しゃべれるのです。その子が、
初恋の人でした。

僕はその女の子としか、しゃべれなかったのです。ほかの子がしゃべりかけてき
ても、まったくしゃべれなかったのです。僕はその子としか、遊ぶことができませ
んでした。その子はみんなと仲よく遊んだり、しゃべったりしていたけれど。
僕はいつも、ひとりぼっちでした。みんなの輪の中には、入れなかったのです。
輪の中に入ろうとも思いませんでした。
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:27:03.088 ID:xbRjYCbO0.net
でも、みんなで、花いちもんめをする時だけは別でした。その初恋の子が、僕の
手をひっぱって、輪の中に入れてくれたからです。
終わりはいつもいっしょでした。僕一人だけ残って、

「花いちもんめ、まきさんがほしい」
と、その子の名を言う。
「花いちもんめ、大西君はいらない」
それで終わりでした。

引用元

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
楽しくて読み放題♪
スポンサードリンク