【父と娘の絆】娘の為に3年間お弁当を作り続けた父、お弁当最後の日に渡した手紙に涙が止まらない

1: ファニーちゃん
9909483 - portrait of happy father and young girl

母を亡くした娘、妻を亡くした父親
このお話は娘が高校生になり、卒業するまでの3年間毎日お弁当を作り続けた父親と娘の話です。

母親は既に他界しており、お昼を作ってくれる人は居ません。

そこで父親が毎日作ってくれることになったのです。

はじめは貧相なお弁当でした。ですが、3年後の最後に日に作ったお弁当は、どんなお弁当よりも輝いていて、娘の心に響いたといいます。

そしてお弁当最後の日に父親から娘宛に渡された手紙に、涙が止まりません。


感動秘話は次のページで♪

コメント