【感動】両目を失った犬にずっと寄り添う1匹の犬・・・2匹の絆の深さに思わず涙が・・・


スポンサードリンク
1: ファニーちゃん
eabbdffdb3e505bf7f7359a93c726693_content

2匹の犬
両目を失う事は、怖い事。

考えただけでも想像がつかないくらい恐ろしい事ですよね。

ワシントン州で暮らすアメリカン・エスキモー・ドッグのホシ、ホシは11歳の時に、緑内障で両目を摘出するという大手術をしました。

当然、今まで見えていたものが全くわからなくなり、真っ暗の中で暮らす事になったホシ。

人間であればしっかりと理由を説明し、理解も出来るでしょうが、犬にとってはどうしてこんな事になっているのかすらわからない状況ですよね。

1匹で不安になってしまうホシ・・・しかし、ホシの側にはいつも正しい場所へと導いてくれる1匹の相棒がいるんです。

その相棒の名前はポメラニアンのゼン。

ゼンはホシが手術をする半年前に飼い主さんに保護され、一緒に暮らしていました。



2匹の絆の物語は次のページで♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
楽しくて読み放題♪
スポンサードリンク

コメント